Реклама на сайте (разместить):



Реклама и пожертвования позволяют нам быть независимыми!

Рэлей

Материал из Викизнание
Перейти к: навигация, поиск

電気けいれん療法(電気痙攣療法、でんきけいれんりょうほう)は、頭部(両前頭葉上の皮膚に電極をあてる)に通電することで人為的にけいれん発作を誘発する治療法である。ECT(electroconvulsive therapy)、電撃療法(electroshock theraphy: EST)、電気ショック療法(ES)[1]とも言う。

適応疾患[править]

うつ病躁うつ病統合失調症などの精神疾患(まれにパーキンソン病などにも)の治療に用いられる。

  • うつ病
    重症で自殺の危険が高く緊急を要する場合や、薬物療法を充分行っても症状が改善しない場合、薬物療法の副作用が強い場合など。
  • 躁うつ病
    うつ状態で上記したような問題がある場合や、躁状態で興奮が強く緊急を要する場合など。
  • 統合失調症
    難治性の場合や、抑うつを伴い自殺の危険が強い場合、緊張型の昏迷状態など。

種類[править]

電気けいれん療法には大きく分けて、四肢や体幹の筋にけいれんを実際に起こすもの(有けいれんECT)と、筋弛緩剤を用いて筋のけいれんを起こさせないもの(修正型ECT,無けいれんECT)に分類され、用いる電流も「サイン波」型と「パルス波」型に分類できる。

無けいれん電気けいれん療法(修正型電気けいれん療法)[править]

電気けいれん療法は、脳内でてんかん発作の電気活動を起こすことによって効果を得るのが本質である。それに伴って起こる全身のけいれんは、患者の状態によっては血圧を上昇させるなどの循環状態への影響、骨折の危険を伴うことがある。そのため、循環器に疾患のある患者や、高齢その他の理由で骨折する虞がある患者には筋弛緩剤で筋を弛緩させて、麻酔科医人工呼吸等を含めた呼吸管理、循環動態の観察を行いながら頭部に通電する「無けいれん電気けいれん療法」が行われることもある。
無けいれん電気けいれん療法は、修正型電気けいれん療法、またm-ECT(modified electroconvulsive therapyの略)とも呼ばれる。
ただし、精神科だけの単科の病院では、麻酔科医の確保が不可能に近いので、現在のところ実施が困難である。大学病院など、各診療科医がいてすぐに緊急時の対処が可能な場合、手術に準じて手術室もしくは専用の処置室で行われる事がある。

上記のように薬剤や人員が必要になるため通常の電気けいれん療法よりもコストが高くなる欠点がある。

「サイン波」と「パルス波」電流[править]

以前より、日本においては「サイン波」(送電線を流れている電流を変圧しただけのもの)による通電が行われていたが、これは日本国外で用いられていた「パルス波」の電流に比べて認知障害などの副作用が大きいことが知られている。そのため、2002年にパルス波型の通電装置「サイマトロン」が日本でも認可された。

治療の実際[править]

事前に処方薬の調整を行う。リチウムは脳内濃度が上昇する可能性があるので中止、抗てんかん薬はけいれんを生じにくくするので中止、ベンゾジアゼピン系薬物もけいんれんを生じにくくさせるので減量、抗うつ薬は術中不整脈を起こす危険性を高める可能性があるので中止。なお抗精神病薬は原則として中止する必要はない[2]

患者が短時間麻酔剤の注射により入眠すると、筋弛緩剤が注射され、約30秒~1分後に約60~120V、200~900mAの直流電流を1/5~3秒間こめかみに通電する。通電時間は個人の耐性によって変えられる。一般に繰り返し行うと通電時間を長く、あるいは電圧を高くしなければならない[3]

普通、週に2~3回の割合で合計6~12回行われる。これを1クールと呼ぶ[4]。1~2回で効果が出ても、再発の危険があるので、すぐには中止せず、5回は施行したほうがよいとされている[5]

欠点[править]

副作用[править]

術前の全身状態の評価を適切に行い、電気けいれん療法を行った場合、安全で有効な治療法である。薬物療法による副作用での死亡率よりも少ないという報告もある。米国精神医学会タスクフォースレポートによれば、絶対的な医学的禁忌といったものも存在しない[6]。ドイツのゲルト・フーバーによると器質性の脳傷害と重傷の一般的な身体疾患(とりわけ心臓-循環器疾患)を禁忌としている[7]。水野昭夫によれば絶対的禁忌として頭蓋内圧亢進症を挙げている[8]。  しかし、以下のような副作用が起こることがある。

  1. 心血管系の障害:筋はけいれんしなくても、通電直後数秒間に迷走神経を介した副交感神経系の興奮が生じ、徐脈や血圧の低下を生じることがある。また、カテコールアミン放出を伴う交感神経系の興奮が惹起され、頻脈や血圧上昇、不整脈などが起こることもある。
  2. 一過性の健忘:処置直前・直後の記憶が飛ぶことがあるが、一過性である。但し、その状況を応用して強い自殺企図を緊急回避させ、その後の治療につなげるケースも多い。
  3. 認知障害:通電直後に生じ、見当識障害、前向性健忘(以前の記憶はあるが、ECT後の出来事などが覚えられなくなる)や逆行性健忘(新しいことは覚えられるが、以前の記憶、特にECT施行直前の記憶がなくなっている)が見られることがある[9]。老人に頻度が高い。多くは時間とともに回復する。失見当識・前向性健忘は比較的短時間に回復し、逆行性健忘は回復が緩徐である。また、そのまま認知機能の低下が遷延するという例も少数だが報告されている[10]
  4. 躁転:時に多幸的・脱抑制・易刺激性を伴う。双極性障害患者において特に躁転する頻度が高い。
  5. 頭痛:45%程度の患者が自覚するとされている。拍動を伴う前頭部痛を示す事が多い。電極配置や刺激強度などとは関連しない。

歴史[править]

1933年、ポーランドのマンフレート・ザーケルが低血糖ショックを起こさせて治療(ただし死亡例が多かった。インスリン#歴史を参照)、1937年にはハンガリーラディスラス・J・メドゥナ(Ladislas J. Meduna)が薬物を用いて人工的にけいれん発作を作ることで統合失調症患者の治療に成功した。当時、てんかん患者は統合失調症を合併しないと信じられており、これは「てんかん発作には精神病を予防・治療する効果があるのではないか」という着想のもとに行われたという。この結果を受けて1938年イタリアのU.ツェルレッティ(Ugo Cerletti)とルシオ・ビニ(Lucio Bini)は、電気を用いてけいれんを起こすことに成功した。

その後、この療法は世界各地で行われ、1952年にフェノチアジン(クロルプロマジン)が開発、効果が発見されるまで、精神疾患治療法の花形であった。しかし、その後様々な抗精神病薬抗うつ薬気分安定薬などの開発により使用される頻度は減少していくこととなった。また、一部の精神科病院では、患者に対して懲罰的に電気けいれん療法を行っていたことが明らかになり、社会問題として大きく取り上げられ、その傾向に拍車をかけることとなった。

しかし、薬物療法に対して電気けいれん療法の利点(比較的即効性であることなど)が徐々に明らかになり、また無けいれん電気けいれん療法の開発、パルス波通電装置の開発などの電気けいれん療法自体の改良が行われたことにより、現在では再び治療において重要な地位を占めるようになっている。

ソ連においては、共産主義に反対するものは精神に異常をきたしてているためにそれが理解できないのであり、統合失調症であるとしてKGB(ソ連国家保安委員会)により精神病院に強制入院させ、治療と称して電気けいれん療法を実行していた。実質的に体制に反対するものへの弾圧恐怖政治の手段として利用されていた。このためもあってこの療法に対して強い嫌悪感や反感を抱くものは少なくない。Шаблон:要出典

なぜ効くのか[править]

動物実験で脳神経細胞の成長を促すBDNFを増加させたという結果が報告されているが、まだよく分かっていない。

勧めない精神科医もいる[править]

一方で療法自体を勧めない精神科医もいる。時間の流れに沿った治療プロセスを省略し、または薬物療法で行き詰まり、その内容の是非を医療者として検証しないうちに安易にこの療法を選択する可能性がありえる。それが医療現場の荒廃につながり、結果として治療を受ける者を苦しめるからとの理由で勧めていない場合がある。[11]

薬物療法との比較する形でこの療法を治療手段として行わない理由が「懲りない精神医療電パチはあかん!! 前進友の会 千書房 2005年 ISBN 9784787300423」にて中井久夫の論文を抜粋する形で光愛病院の黒川能孝によって紹介されている[12]

  1. 真に必要な症例に出会わなかった。
  2. 体験の連続性を破壊する。
  3. 服薬はそれ自体が体験であり、しばしば好ましい体験であり、関与的に観察できる電撃は当人の体験とはなりえない。
  4. 薬物は納得ずくで服用し、治療者が微調整でき、患者が異議を申し立て、両者間に相互のフィードバックができる。患者と治療者も進歩しうる。電撃は悉無律(しつむりつ)(全か無か)に従い、かつ患者からのフィードバックは通常無い。
  5. 薬物は本人および家族に治療への参加感を与える。電撃は彼らを蚊帳の外に置く。
  6. 電撃は精神科医の人格に影響を与える。無感覚になるか神経衰弱になるかは別として。看護師についても同様。

フィクション[править]

1975年のアメリカ映画「カッコーの巣の上で」には、ジャック・ニコルソン演じる主人公が“病院内の規則に従わないため”に、電気けいれん療法を強制的に行われるシーンがある。しかし、彼のような患者(諸説あるが人格障害であろうか)は、現在では電気けいれん療法の適応にならない。また、革紐で手足を縛って施行しているが、現在はたとえ有けいれん法を行う場合でも手足を縛ることはかえって危険であり行わない。また、同意が得られていない患者に対して電気けいれん療法を行うことは、倫理的に許容されない(もちろん本人に同意能力がない場合もあるが、その場合は保護者の同意が必要である)。「カッコーの巣の上で」の主人公は同意能力を欠いた状態にあるとは明らかに思えず、その意味でも問題である。

この映画はあくまでも「古き悪しき時代」の精神医療を描写した映画なのである。

※「カッコーの巣の上で」の主人公は刑務所行きを避けるため、精神病患者を装っていた。

脚注[править]

Шаблон:脚注ヘルプ

  1. 懲りない精神医療電パチはあかん!! 前進友の会 千書房 2005年 ISBN 9784787300423 60頁
  2. 脳電気ショックの恐怖再び 水野昭夫 現代書館 2007年 ISBN 9784768469507 p33
  3. 精神病とは何か―臨床精神医学の基本構造 ゲルト・フーバー(翻訳、林拓二) 新曜社 2005年 ISBN 9784788509658 p167
  4. 医者を悩ます「ニュータイプなうつ病」がわかる本 山田和男 講談社 2009年 ISBN 9784062594981 p108
  5. 脳電気ショックの恐怖再び 水野昭夫 現代書館 2007年 ISBN 9784768469507 p35
  6. 日本精神神経学会電気痙攣療法の手技と適応基準の検討小委員会、『米国精神医学会タスクフォースレポートECT実践ガイド』、医学書院2002年
  7. 精神病とは何か―臨床精神医学の基本構造 ゲルト・フーバー(翻訳、林拓二) 新曜社 2005年 ISBN 9784788509658 p168
  8. 脳電気ショックの恐怖再び 水野昭夫 現代書館 2007年 ISBN 9784768469507 p36
  9. Sackeim H.A.,"Acute cognitive side effects of ECT",Psychopharmacol,22;1986,pp 482-484
  10. Sobin C, Sackein H.A., Prudic J, et al, "Predictors of retrograde amnesia following ECT", Am. J. Psychiatry,152;1995,pp 995-1001
  11. 精神科セカンドオピニオン―正しい診断と処方を求めて 誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち, 笠陽一郎 シーニュ ISBN 9784990301415 207頁
  12. 引用・抜粋先は「精神科治療学・第8巻・第4号・1993年4月)
Статью можно улучшить?
✍ Редактировать 💸 Спонсировать 🔔 Подписаться 📩 Переслать 💬 Обсудить
Позвать друзей
Вам также может быть интересно: